OpayaTV.net

PCゲーマーの日記。SteamとかBattle.netが好き。

タグ:Darkfall

週末の放送案件おわった。
朝9時に家を出て、帰ってきたのは朝7時。

1000円のドンキ椅子に12時間座るのきつかったです…
 
やっぱエンボディーチェアだよね。
ケツから疲労感をアース接続で逃がしてる感じ。アスだけに。 

いきましょう。パッチーノート4です。


僕らは前に進み続ける!追加のパッチだエンジョイせよ!!
初の会場砦戦が始まるぞ!(今まで始まってなかった) 

・hamletとかいう村にクラフトステーションが何種類か実装されましたよ。 
・もともと建っていたものは座標変更されましたよ。
・VellenythとAer Tithilはクラフトステーションが2つになっちゃったのと、
 いくつかの村で鍛冶場がでっかくなっちゃったのは次直すよ。
・クラフトステーションが追加されたのは以下の村です。
Vellenyth,Crystal Coast,Issar Ruins,Mathyra,Jeradan,Spiral Peak
Inmak, Elish,Inarith,Morador,Oethrain,Rehnagar,Velmuna,Aer Tithil
ほかは今後実装されます。
・弓のジャンプショットは10%のマナを代償に取得できるようになりました。
・ジャンプショットと水中ショットは別のスキルになったよ
・残りのスキルは以下4つのうち2つになる。
Mage Hunter,Master Scout,Mage Killer,Mana Shield
・全ての鍵付き宝箱の中身補填クールがすごく短くなりました。
・シージストーンを置ける範囲が750mから1001mになりました。
・Clear ThoughtsとInsightスキルは要求スキルレベルが1に変更されました。
・村の販売員の購入レートが2倍になりました。
・ミステリアスエッセンスの全体ドロップレートの制限がなくなりました。
・ホットバーの交換機能がオプションに追加されました。
・お食事ボーナスタイムが食べ物に記載されるようになりました。


うーん、微妙w

アーリーアクセス権を買うと今後のアップデートに対する意見が言えるようになる。
日本人50人くらい集めて訴えれば日本語対応も夢じゃない。いらないけど。
 

今の日本はスマホでぽちぽち経験値稼ぎしたり、
自動戦闘の萌えカードRPG激レア戦争が主流だから、
100年たってもDarkfallは日本で流行りましぇん。

ならば少数で遊べばええじゃないかと。
でも少数でMMORPGやる意味あるのかと。

意味?

ぼくはなぜ・・・ゲームを・・・

うごごごご

(huluでも見るか!) 

怒涛のパッチラッシュで進化し続けるアーゴン。
今回の内容をさらっと確認しましょう。

・ 魚シチューのレシピに必要な金額が変更されました

・ マナブラストに使用する触媒が灰x2だった問題が解消されました→たぶん灰x1になった

・ アライメントが0のプレイヤーをヒール、バフしたときに、ローグとみなされる問題の解消
 これのせいで僕1回NPCタウンで死にました

・ マナとスタミナの消費コストが魔法の詳細画面に追加されました

・ Svartfjordとかいう名前の馬が追加されました

・ 不足しているクラフトステーションを建設する機能が追加されました
  鍛冶場、木工場、錬金台、オーブン

・ サイクルバーはアイテムを右クリックすることで開くようになりました

・ ホットバーはドラッグ&ドロップで上書きできるようになりました

・ 怒りや投擲などレベルが適応されなかったスキルが正しく機能するようになりました

・ Shift押しながらごみ箱に全部捨てる動作は独自の確認ダイアログが出るようになりました

・ 同族殺しによるローグ化は2分になりました 
 

以下の2つは以前のパッチで適応されましたが、告知を忘れておりました。

・ 水中における打撃無効バフが動かなかった問題の解消

・ 再ログインするまでスロットに魔法がスタックした問題の解消


だそうです。


ここまでHキー押したときの休息あ2回発動しちゃう問題の解消がないんですが・・・

プレイヤーの死亡に直接関与するアクションなので
さっさと直して頂きたく存じます。



さて、もうひとつ何かニュースがでてますね・・・

無料期間の延長!
あと、プレイヤーの歴史 とかいうビデオの公開


「大変多くの新規プレイヤーに参加してもらったり、放送してもらったりで僕たちすごくうれしいから、
無料期間を8月22日の朝まで伸ばしちゃうぞ!だって会場砦戦も控えてるしね!!」

ということで、海戦を楽しめるお得な3日間になりそうです。
船と火薬とマンパワーがあるクランには朗報。



プレイヤーの歴史ビデオは観戦モード使って
5人のプレイヤーがコンバートを詠唱したり高台から飛び降りたり、
ゴーレム狩りしてファームする様子が5分にわたって紹介されてます。

3分くらいから別のパーティーとダンジョンで遭遇して
Darkfallらしい殺し合いが始まります。
プレート軍団に斬りかかるローブの無力感が最大の見どころ。

これなら僕のDFUWのSeacheckenムービーのほうが出来がいいね。

あえてリンクは張らない。


思ったよりBIG PICTURE社は強気の運営姿勢を見せているけど、
現状のアーゴンに金払う人がどれくらいいるのか…私、気になります! 


今後のアーゴン動きから目が離せませんね。


というタイトルでリリースが出ていたのでざっくり要約してみます。
英語わからない部分は僕が適当に代弁します。

概要
ダークフォール:ライズオブアーゴンはサンドボックス型のMMORPGです。
一人称視点での戦闘、戦利品を得るためにリスクを負うことが特徴です。
種族間戦争に参加するもよし、商人として旅するもよし、遊び方は君次第だ!!!

ビッグピクチャー社はダークフォールオンラインをベースとして、
プレイヤーの自由度をもっと伸ばそうと思っている。
戦闘以外にも資源集めやクラフトシステムも重要視しているよ。 

他のゲームでは体験できない興奮がダークフォールにはある!
従来のダークフォールオンラインよりもすごいぞ!

・チュートリアルを追加
・倉庫や重要なNPCへのガイドを用意
・ユーザーインターフェースを変更しやすくしたぞ
・熟練者が初心者を育てるシステムを実装
・初心者を助けるおいしいクエストを追加だ 

 悪いことするとローグ扱いになるから無差別PK野郎を発見しやすいぞ

種族が違ってもクランシティを作れば同居できるから楽しい!


クラフトで価値あるアイテムを大量に作れるので、
資源採取や制作修練は非常にやりがいがあるものになる!
店売りよりも作ったアイテムの方が性能が良いぞ!

クラン独自の旗や船の装飾なんかもできるから
楽しい上にゲーム中視覚的に分かりやすいよ。

ダークフォール:アンホーリーウォーズにあった
カスタムロールとかいう個性殺しのクソシステムは無いので
自分だけのロールプレイが楽しめるぞ!

大陸のクランや村の縄張り争いでアーゴンの戦争は激しい!

近隣の他勢力と同盟を結べばより強固な縄張りを保てるかもしれない。
外交は英語がメインだけどね!

敵対プレイヤー同士でもアイテムのトレードは可能だから、
全プレイヤーが貿易対象でもある。
もちろん殺したら全部奪えるけどね!
 
ライズオブアーゴンでは敵モブからのドロップを増やしているよ。
アイテムは店に売れば金になるので、
クラフトに必要な材料はNPCとのやり取りだけで足りるようになってるよ。

ダークフォールオンラインに比べて、キャラクターの容姿変更が豊富になっているし、
対人戦闘じゃなくてモブ狩りも楽しめるように調整されているんだ。

大陸の移動は徒歩以外にもマウントや船、さらにテレポートアイテムがあるから、
冒険の仕方は自由で無限大さ!

モンスターとダンジョンの数も増えているからパーティーで協力して攻略する楽しみがある。
もちろん報酬も良いものが用意されているぞ!

敵モブの動きは洗練されていて、単純なハメ殺しができない。
弓矢を当てるのにも動きを予想しないといけないから超エキサイティングさ!


マップ上には雑魚敵の他にユニークモンスターも沸くことがある。
そいつらはかなり旨い!!
 
アーゴンは生きている。プレイヤーも生きている。
ビッグピクチャー社は継続的にダークフォールを進化させるつもりだ。

プレイヤーはNPCの街にいても、他のプレイヤーと交流を持てるようになるだろう。
過去の作品よりも街の建設物は自由になり、より個性的になることだろう。
マーケットも追加されるんじゃないだろうか!
クラフターとプレイヤーの連絡手段が増え、生産の需要と供給がよりマッチするだろう。
とにかくプレイヤー間の情報交換手段が増えるに違いない。

種族毎の特徴をより明確にして、アーゴンの物語をより面白いものにする。
クエストにもストーリーを持たせて、さらに冒険を拡張させる。
プレイヤーやクランもその物語に影響を持つようになるだろう。

アーゴンは開発と、プレイヤーの皆で作るものだ。
ぜひβ参加権を買って僕らに意見をくれ!!!

公式サイトのフォーラムに意見を書けば、それが今後のゲームに強く影響するだろう。
君の参戦を待っている!!!



という内容です。7割くらい僕が言い換えました。
 
ダークフォール自体、他に類を見ない面白いゲームだから、
あとは運営力とローカライズ次第ってとこですかね。

可能ならサーバーをアジアのどっかにおいてほしいけど、
Pingに関しては200くらいで妥協点ですかね。

まだ本気を出すタイミングではないけど、
気になるタイトルなので動向はチェックしていきます。

 


パッチノート 2016年8月10日

  • 次のエリアでモンスターが沸くように修正されました。

    • マップ位置: F18, F19, F20, F21, F22. E19, E20, E22, G21, G22, G23, G24, R21

  • 矢を装備していなくてもバックパックに矢があれば弓を撃てるようになりました。

  • ホットバー:

    • サイクリングモードの設定が弓・杖・近接武器にも追加されました。
      適用されていないスキルとスペルはスキップされます。

    • 魔法の触媒がない場合でもサイクリングは魔法をスキップしなくなります。

    • 片手剣と盾をセットにしてスロット変更できるようになりました。

    • 古いサイクルは自動的に初期化されます。

  • 資源のメモ:

    • 基礎資源の出現率アップ

    • 魔法触媒などのアンコモン資源の出現率ダウン。かわりに2個セットで取れます。

      • 木、岩、鉱石、草むらに適用されます。
        草むらからのハーブの出現率がダウン,ベリー系の出現率アップ。 

  • モンスター:

    • 倒した時に確実にお墓が出現するようになりました。

      • だいたい30種のモンスターに適用されます

    • これによりモンスターの戦利品は10%ほど増加します。

    • ゴブリン、コボルト、トロールなどの初心者向けモンスターが
      コンバートスキルに必要な基本触媒3種を確実に落とすようになりました。

  • ステータス上昇:

    • 走る、泳ぐ、乗るアクションによるQuicknessとVitalityの上昇がなくなりました。

    • 近接攻撃の命中によるQuicknessの上昇値が3倍になりました。

    • 弓の命中によるQuicknessの上昇値が1.41倍になりました。

  • 頭の重さが半分になりました (5kgに変更)


    以上です。

    原文はこちら
    https://darkfallriseofagon.com/news/feedback-patch-1-notes-ldhi-1-august-10th-2016/


    つまり、採取で基本資源が取りやすくなって、モブ狩りで触媒が出やすくなった。 
    オートランでQuicknessが上がらずに、モブ狩りで上がりやすくなった。
    モブ自体の出現率が増えた、ということは"モブを狩りまくれ"ってアップデートです。
    戦闘しながら触媒が手に入るのは全プレイヤー大助かりですね。
     
    サイクルモードは使ったことないけど、複数スキルをセットしておけば
    コンバートとか1巡するまで使い続けてくれるのかな? 

    たぶんそんな感じです。 


本日のDarkfall:Rise of Agon

サブPCでめっちゃ小さいウインドウで起動して
左クリック木こり+右クリック自動走り で次々と採取していった結果。

df0809>>>df0810

木こりと石堀によってStrとVitが上昇!
Dexは全然上がらないのにQuicknessが何故か上昇。

Intは草刈りもやったから微増してて、
どんな採取やってもあがるWisが木こり+石堀分増えた!

基本的に何やってもステータスが伸びるってのは
前作Unholy warsのときも同じ感じだったね。

RoAの場合も狙ってステータス伸ばせるみたいだけど、
行動の繰り返しになるから結構きつい。
PPだったら自由に振れたけど、このままだとDex欠乏症になる・・・

とりあえずクエストもお遣いから自分の望むものだけ受注するようになったし、
新しく覚えた魔法がちょっと面白かったから
まだまだアーゴンで戦えそうです。
 
僕たちの戦いはこれからだ! (つづきます) 

↑このページのトップヘ